よく読まれている記事

タチウオ釣行記【2015.09.14】

スポンサーリンク

ついに今年もアノ季節がやってきた。。。
そう、それはタチウオ!! 大阪湾の秋の風物詩、タチウオ釣りのシーズンがついに今年も開幕いたしました。

ついに昨日出撃できましたのでリポートいたします。

釣行日:2015.9.14
時間:17:00~20:30
場所:貝塚人工島 沖向きテトラ
同行者:会長
釣果:会長…指4本筆頭に4匹、僕…指4本弱を筆頭に5匹(そのうち1匹は釣りあげた後テトラに消えた)

いよいよ開幕のタチウオ

今年の場合は、早くから和歌山で爆釣していたようで、紀淡海峡から入ってくる個体もそこそこ多いだろうな、という予感はしておりました。9月の声を聞いてから、ポツポツと釣れ始めてはいたようですが、台風の日=自分が動ける日、といった感じでとても残念な感じ。

やっと出られたのが昨日。サイズはともかく、一番数が出る確率が高いのが9月、と思っていますので、ちょっと出遅れた感はありました。

潮は大潮最終日、本当は今日明日ぐらいがベストな潮回りでしょうね。風は…爆風w 予報通り、帰るころには少しずつ弱まっていました。夕方は白波が立っている程度でしたが、途中からはうねっていましたよ。さすがに漁船も出ていませんでした。

そして貝塚へ

そして貝塚へ。ここはシーズン初頭によく入るポイントです。テトラなので、ある程度釣りのことが分かっている中級者以上向けの場所です。

特にタチウオの季節は、「お前らどこにおってん!!」と言いたくなるほどに釣り人が湧きますw あまり釣り慣れしていない方も来られるわけで、そういった方が波風強い日に横に入ると…ね。そういったわけでいつも貝塚をチョイスしています。

大阪湾に沈む夕日を眺めて。

大阪湾に沈む夕日を眺めて。

実釣開始

エサは生きたドジョウを絞めて使います。テンヤと呼ばれるものにグルグルしばりつけて使用。これが頑丈なエサで、少々の数釣りをしたぐらいじゃへたりません。釣りあげてから針を外し、次にキャストするまで30秒から1分程度が目安、というくらい、手返しの良い釣り方です。詳しく知りたい人はここらあたりを見てください。

同行の会長とロッドとどぜう。

同行の会長とロッドとどぜう。

日没前から時合が始まれば、それはその日の爆釣祭りの合図。しかし、この日は日没18:05に対して初ヒットが18:30頃。まぁ、いつもの感じw いきなりテトラにポロリしてしまいましたが、ポンポンと2匹ずつ釣りあげました。

その後はパッタリ止まり、あと10投して釣れなければ帰ろう、というところでふたり同時ヒット。その後もパッタリ止まり、あと5投して釣れなければ(ry というところでまたヒット、と、「帰ろう」を言い出してから1時間くらいは居りましたw

あ。タチウオの歯は鋭いよ。

人差し指の付け根と手首近くをやられた!!

人差し指の付け根と手首近くをやられた!!

小さな傷に見えるでしょうけど、刃物じゃないから切れ方が汚いんですよね。結構流血しました。

釣果のほどは…?

20150915211556_p184
最初に釣れた数書いちゃってますけどねw クーラーはこんな感じでした。そして、僕が釣った最大サイズがコレ。
20150915211557_p185
指4本”弱”。あ、タチウオは、全長というよりは体高を指の数で数えてサイズを表すことが多いです。

で、会長が釣った正真正銘の指4本がコレ。
20150915211559_p189

デカイ。クソッ。いつもいつも一番大きいのを持っていくなぁ。まぁ、ガイドが良いから、ということにしておきましょう。

今日は塩焼きと、お刺身でいただきました。
20150915211559_p190
昆布締めも仕込み中です。明日食べごろになるでしょうね。これも楽しみ。

タチウオ釣りのススメ

釣ってよし、食べてよしのタチウオ。おかっぱりで釣れる魚の中でも、数少ない「買うより安い」魚です。この釣果も、買えば5,000円ではきかないでしょうね。タコとともに釣る方が安い魚の一つですな。

大阪湾はまだまだこれから。やっと泉州で釣れていて、これから堺→南港と北上していき、最湾奥の芦屋あたりでは年明けくらいまで狙えます。

人も多くて大変ですが、ぜひトライしてみてください。楽しいよ。

ほなの。

スポンサーリンク

コメント02860 PV
CATEGORY :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

みんなからの評判・口コミ