よく読まれている記事

二日目のカレーで食中毒!!原因は?対策できないの?【二日目がおいしい】

スポンサーリンク

 日本人の誰もが大好きなカレーライスは一晩寝かせた次の日が美味しいですよね。作った日はどうしても水っぽくなりますが、次の日は具材に味がしみ込んでレストランのようなトロトロのカレーになるため食欲もそそります。

そんな一晩寝かせたカレーに意外と知られていない「ウェルシュ菌」が潜んでいる場合があることをご存知でしたか。夏を迎える季節にはとくに気をつけたほうがいいことなのでウェルシュ菌の特性とウェルシュ菌対策をご紹介します。

一晩寝かせたカレーに潜む食中毒の原因「ウェルシュ菌」とは

 ウェルシュ菌とは人も含めた動物の腸内、腸管、土や水の中などどこにでも潜む菌です。ウェルシュ菌は熱に強く、酸素に弱い特性があります。(これを嫌気性菌と呼びます)酸素に触れる環境下では繁殖することができないため日常生活ではあまり接点がない菌です。しかし、酸素から隔離された環境では耐性が強く生き残ることができます。やっかいなことに熱に強い特性があるため簡単には殺せない菌です。100度で熱しても死なない個体もあり、人肌の温度から50度くらいが最適な繁殖環境とされています。

 ウェルシュ菌が繁殖する理想的な環境がカレーやシチューなどの煮込み料理です。お鍋や密封容器に入れて保存しているカレーなどの煮込み料理の中心部は酸素から隔離されています。ウェルシュ菌はその酸素から隔離された環境で繁殖し、その食材を食べた人間の小腸などでさらに繁殖をします。菌の成長過程でエンテロトキシンという毒素を発し、その毒素の作用で中毒症状を発症します。

カレーの食中毒の症状

 ウェルシュ菌の症状は、軽めの腹痛や下痢がほとんどです。また、たいてい1日程度で回復することが多いようです。感染した際の症状は比較的軽いため、多くの場合は発熱や嘔吐はないとされています。ウェルシュ菌に感染した場合、約半日ほどの潜伏期間を経て症状を発症するようです。

カレーの正しい保存方法

 我々が大好きな料理の中に潜むちょっと怖いウェルシュ菌ですが、保存方法や調理方法である程度防ぐことが可能です。ウェルシュ菌の特性を把握した上で以下のことはぜひ取り入れるようにしてください。

  1. 調理後は速やかに冷却する
  2. 常温保存をしない
  3. 底が浅い容器を使用し小分けする

次の日のカレーの正しい温めなおし方

 カレーは一度に大量に作って少しずつ消費していくことも多い食べ物なので、どうしても1、2日は保存せざるを得ません。保存する際の注意点と再調理する際の両方をしっかりおさえておきましょう。保存しておいたカレーは以下の注意点を意識して温めなおしてください。

  1. よくかき混ぜる
  2. 底が浅いフライパンを使用する

 ウェルシュ菌の特性は「熱に強く、酸素に弱い」です。このことをしっかり把握すれば保存方法や調理方法はちょっとした工夫だけで対策可能です。これを機会にして加熱すれば安心という概念も見直しましょう

おいしい二日目のカレーを、安心して召し上がってください。

この記事を書いた人

Nobu
面白い記事をどんどん更新します。お楽しみに!

スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

みんなからの評判・口コミ