よく読まれている記事

あなたのブログ記事は、読者が欲しい答えを返していますか?

スポンサーリンク

ちょっとばかしお堅いお話を。

今日の記事は、ブロガーの中にも関係ある人と関係ない人がいるとは思います。「好きなこと書いてるだけで幸せ」な人とか、備忘録的にブログを活用している人、芸能人のように自分の日常そのものが商品になる人とかには関係ありませんw

真剣にアクセスアップさせたい、人の役に立ちたい、有名になりたい、といったブロガーには、今日の記事は関係あると思います。特に、お金が目当てでブログを始めた人にはぜひ読んで貰いたい内容です。

ブログを書く理由って?

ブログを書く理由って沢山あると思うんです。今ほどSNSが発達する前は友達とのコミュニケーションをとるためにブログってけっこう活用されてきました。僕がブログを始めた今から10年ほど前は、アメブロの黎明期で、本当にそんな活用の仕方が多かったです。

みんながそれぞれアメブロのアカウントとって、自分のブログ作って。コメントしたりしあったり。でも、そんなユーザーはたいていSNSに流れましたよね。

先にも書きましたが、ブログを書く理由はひとそれぞれであり、何が正解で何が間違い、というのはありません。ブログって自由で楽しいものですから(*゚▽゚)ノ

ただし、「仕事でブログを書いている」「アクセスアップをして収益化したい」となってくると適当に書いていては、その目的は達成できません。

あなたのブログを書く目的はなんですか?

ブログは「人が読んでいる」ことを忘れない

ブログを書くときに絶対忘れないで欲しいのが「読んでいるのは人である」ということ。ですから、あなたが情報発信したい「人」に向けてきちんと書く必要があるわけです。

例えば、身内ネタは身内にしかわからないし、身内にしかウケません。ですが、そもそも身内に向けてブログを書いているとすれば、身内がちゃんとわかればそれで目的は達成されているわけです。画面の向こうにいる「人」に向けてちゃんと書けています。

備忘録も同じ。「自分」という「人」が理解できれば良いわけです。

と、いうことは、沢山の人に読んで欲しければ、沢山の人がわかりやすいように書く必要があるということ。

沢山の人に読んで欲しければ、沢山の人がわかりやすいように書く必要があるということ
沢山の人に読んで欲しければ、沢山の人がわかりやすいように書く必要があるということ
沢山の人に読んで欲しければ、沢山の人がわかりやすいように書く必要があるということ

大事なことなので三回書きました。

では、どのような書き方が「人が読んでいる」ということを意識した書き方なのか、をお話していきます。

キーワードに対する考え方

より多くのアクセスを集めたい、と思った場合に、よく検索されているキーワードを含めて記事を書く、といったことがあると思います。例えば、、、

バーベキュー

というキーワードがあります。この単語だけではあまりにも漠然としているので、複合キーワードで検索するわけですよね、ユーザーは。そこで出てくるのが、

バーベキュー レシピ
バーベキュー 食材
バーベキュー 準備
バーベキュー 二子玉川
大倉海岸 バーベキュー
京王多摩川 バーベキュー

Googleでパパッと探したらこんな感じで出てきました。だいぶとユーザーの探さんとすることがわかってきましたね。
「バーベキュー レシピ」を打ち込んだ人はバーベキュー料理の作り方を探しているのだろう、ってすぐにわかりますよね。

「バーベキュー 食材」で探している人もそう。でも、この人は色々な可能性があります。「バーベキューの食材は通販とかで買えるのか?」という、バーベキューをするために一歩踏み込んだところで検索している人もいれば、「バーベキューは食材として何を買えばよいのか?」という初心者さんまでいますよね。

「バーベキュー 準備」なんてキーワードになるともっと幅広くなります。前述の食材のことも準備に含まれますし、機材は何がいるのか、どこで売っているのか、レンタルはあるのか、場所はどこですれば良いのか、予約はいるのか、場所代はいるのか、駐車場はあるのか、お酒を飲みたいので公共交通機関はあるのかetcetc…かなり多岐にわたります。

バーベキュー 二子玉川
大倉海岸 バーベキュー
京王多摩川 バーベキュー

このあたりは、地名が複合ワードに挙がっています。と、いうことは、その場所でバーベキューができるのかどうかが知りたいのかな?ということが容易に想像できますね。

キーワードを打ち込んだ人に、答えを返してあげる

では、前項を踏まえて。ブログを書くキーワードを選ぶとしましょう。キーワードの選び方は色々あると思いますが(検索数が多いとか少ないとか。需要が多そうと少なそうとか。自分が書けるか書けないかとか)、選んだキーワードで記事を書いていきます。ここではケーススタディで、実際に読者さんに答えを返していくことを学びたいと思います。

ケーススタディ「バーベキュー 食材」

例えば今回は「バーベキュー 食材」をキーワードとしてブログ記事を書こう!!ということにしました。

で、この「バーベキュー 食材」というキーワードであなたはどんな記事を書きますか?画面の向こうにいる「人」に向けて、きちんと検索してきたキーワードに対して答えを返した記事を書ければアクセスはおのずと増えてきます。

ちなみに、キーワードから読み取れるバーベキュー熟練度は、、、

★初心者

バーベキュー 準備

バーベキュー 食材



バーベキュー 地名

★熟練者

だと思われます。「レシピ」は幅が広いです。焼きそばなどの簡単なものから、本格的なバーベキュー料理まで、初心者向けから熟練者向けまでありますからね。

ということは、「バーベキュー 食材」で記事を書くときにはバーベキュー初心者さんであることを前提に記事を書かないといけませんよね。情報をさがして自分のブログにやってきた人に、欲しい情報を答えとして返してあげましょう。

となると、バーベキューに来る人は大人の男性1人あたり何gのお肉が目安なのか、女性なら何gなのか。牛以外にも豚や鶏もあった方がいいのか、海鮮ものはいるか、子どもがいれば薄切り肉やソーセージ、とうもろこしを買っておこうとか。

やきそばをするなら、使い捨てでも良いから鉄板を持って行くことを忘れないように注意喚起しつつ(邪魔にならないわき道はポイントアップ。無駄な自分語りは敬遠されますw)、油のかわりにすき焼きとかで使う牛脂をもらっておくと良いですよ、とか。野菜炒めセットを買うと手間がないですよ、とか。

アフィリエイトをしたいのであれば、バーベキューの食材セットの通販なんかも紹介すれば良いと思います。「便利な通販もありますよ、ここなんかで売ってます⇒リンク」 に違和感なんかありません。かえって、通販を紹介しておいてどこで買えるのか教えないのは不親切でしょ?

最後にまとめとして食材を一覧にしておいて、エクセルに大人の男性・女性の人数を入れたらだいたいの材料の目安がでる計算式を埋めて、ダウンロードできるようにしてあげれば完璧でしょうねぇ。

ケーススタディ「バーベキュー 地名」

地名を複合ワードにもってきて検索している人は、バーベキューができる「場所」を探しています。そして、できたらそこの設備や使用料金等はいくらかかるのかを知りたいんじゃないか、と推測できます。

ということは、ある程度バーベキューに対する知識があり、実際にやったこともあり、次回の企画のための場所探しだろう、と仮定します。

じゃあ、ある程度エリアを決めて(例えば大阪市内、とか、東京23区内、とか)、「バーベキューができる場所まとめ」といった記事はどうですか?

地図をつけて、あれば写真と、駐車場・水道・トイレ・炭捨場の有無・利用料金・食材の販売有無・食材の持込可否・コンロの備え付けの有無etcetc…このあたりの情報を記載して、何箇所かのバーベキューの場所を紹介すれば良いんです。

そして、もしかしたら初心者さんが見に来るかもしれないので、別途バーベキュー初心者さん向けのさっきの記事みたいなのにリンクを貼れば完璧。

残念な答えの返し方の例

では、よくありがちな残念な答えの返し方の例を挙げましょう。「え、ほんまにそんな記事ある!?」とお思いかもしれませんが、ちょこちょこ見ます( ̄Д ̄;; そして自分が情報を探しているときにそんな記事を見つけたときのガッカリ感ったらないですよ。

「バーベキュー 地名」の記事なのに、バーベキューとは何か、という説明から始まる(知っとるっちゅーねん)。複合キーワードだった地名にある有名バーベキュー場の名前を挙げ、そこなんかだと手ぶらでも出来ますよと宣伝しちゃう(知っとるっちゅー(ry)。河川敷だとこんな場所でもできます。ただし設備はないのでコンロとかがいりますよ、とAmazonとかナチュラムとかのアフィリリンクをどやぁ~ヽ( ̄▽ ̄)ノ(持ってるっちゅーねん)。

全然検索ユーザーが求めている答えを返せていないんです。でもたまにドンピシャで正解だったりすることもあって、そんなラッキーパンチを当ててしまった人が余計にこんな記事を書き続けたりして・・・ねぇ(*´ο`*)=3

一番腹が立つのは、サラッと上辺だけなぞって、最後には「色々あるので調べてみてください」です。

だ か ら 調 べ て て お 前 の 記 事 に た ど り つ い た ん だ よ !!

少しくらいは掘り下げた情報を出して、他にもあるので色々調べてみてください、ならわかるんですよ。「私の答えはコレですが、他にもありますよ」ということですからね。そのときに、調べるヒントを添えて上げられればとても親切ですよ。十分喜ばれます。

ですば、調べにきて、ろくに情報も得られず、調べてみてください、って言われたら・・・ヾ( ̄o ̄;)オイオイ

まとめ

この記事を読んだ方の中には「ギクッ」とした方がいないことを願いますw

特にアフィリエイト目的でブログを始める方。キーワードの検索ボリュームや、アドセンスの貼る位置も大事ですけど、まずは「訪問者にきちんと答えを返す」ことが一番大事です。忘れないでください。

適当に文字数だけ埋めて、自分がアフィリエイトしたいものに話を強引に捻じ曲げていく。そんなブログはぜんぜん「訪問者にきちんと答えを返す」ことが出来ていないと思います。
自分の記事は大丈夫か?見返してみてくださいね。

えらそうに書いてスソマソソ。

ほなの。

スポンサーリンク

コメント02099 PV
CATEGORY :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

みんなからの評判・口コミ