よく読まれている記事

加齢臭の対策とできたら予防。もう臭くなりたくないんやで。

スポンサーリンク

生きている限り誰でも年を取ります。加齢です。

それとともに「加齢臭」というものが多かれ少なかれ出てきてしまいます。加齢臭。イヤな言葉ですねぇ。

会社で女子社員が自分に遠くからしか話しかけてこなくなったり。「パパ、臭い!!」とか年頃の娘に言われっちゃったりなんかして。もうすぐ1歳のわが娘もそうなるのかも、と思ったら、今のうちに飽きるほど抱っこしてスリスリしとこうちゃんと対策して予防した方がいいに決まっています。ということで、今日は加齢臭のお話しです。

そもそも加齢臭とは?

そもそも加齢臭ってなんでしょう?加齢にともなって出てくるにおいなんだろう、ということは字面からもわかりますが、詳しく見てみましょう。

加齢臭の名付け親による説明

加齢臭とは、中高年に特有の「脂臭くて、青臭いニオイ」のこと。1999年に、資生堂が加齢にともなって発生するニオイの原因物質「ノネナール」を発見。今では一般的に使われている「加齢臭」という名前も、資生堂が命名しました。

何歳くらいからでてくるの?

加齢臭、というからには加齢に伴って出るんだ、ということはわかりますが、では一体何歳ごろからでてくるのでしょうか?同じ資生堂のサイトを見ると、男女とも40歳ごろから、ということがわかります。もちろん個人差はありますし、女性は閉経後に強くなる傾向があるようです。

加齢臭を予防するにはどうすれば良いのか?

加齢臭の原因はノネナールという成分なんですが、このノネナールをいかに出さないようにするか、また、出てしまったノネナールをいかに除去するか、の両方の視点で説明していきます。

日常生活で加齢臭の発生を防ぐ

加齢臭といっても、結局は体臭の一種なわけで、主に体臭を予防する観点で防いでいきます。

  • 刺激物は避ける
  • お酒・タバコは控える
  • 肉中心ではなく野菜中心の食生活を送る
  • 普段からよく運動し、新陳代謝を活発にする
  • コーヒーは量を少なめに

といったところでしょうか。

草食系な暮らしの方が、臭いはあまりしなくなります。しかし、できますかね?これ。

焼肉はおいしいし、焼肉といえばビールでしょ!!という方も多いと思います。会社勤めでお付き合いのお酒が多いという方や、やめたくてもタバコがやめられない、という方も。好き嫌いもあるでしょうし、なかなかに負わなくなるためだけに生活習慣を変える、というのはモチベーションが続かずに難しいと思います。

ノネナールを除去する

では、あなたの体から分泌された加齢臭の原因物質を除去する方法について(なんか嫌な書き方ですねw)考えましょう。
重要なのは出てしまった原因物質をなるべく早く、確実に除去すること。そのためには以下のことに注意しましょう。

  • きちんと入浴し、体を清潔に保ちましょう。
  • タオルを持ち歩き、汗をかいたらこまめにふき取りましょう。
  • デオドラント製品を上手に活用しましょう。
  • 衣服をこまめに洗濯・クリーニングしましょう

何度も繰り返しますが、分泌されてしまった原因物質をなるべく除去することが大事です。

日常生活で加齢臭を予防するちょっとしたコツ

上記の項目でそもそも原因物質ノネナールを分泌させない&出てしまったものはなるべく除去する、ということを書きました。それ以外にも、日常生活でちょっとしたことに気を付けるだけで、加齢臭を予防するのに大変有効な方法を書いていきます。

朝のシャワー

ryouri_metabo_furo_68お風呂には夜しか入らない、という方も多いと思います。しかし、お風呂上りというのは、体臭の原因になる分泌物や菌が洗い流され、非常に清潔な状態です。

仮に19時に入浴したとして、翌朝出勤した9時にはすでに入浴後14時間が経過していることになります。その間人間は寝汗はかくし、通勤電車のなかでも汗をかいているかもしれません。

もちろん、衣服にも入浴後12時間くらい経過したあとの体を密着させることになるので臭いのつくペースも早くなります。

ということで、ぜひ朝、シャワーを浴びましょう。特に、41℃のシャワーを1分間浴びるだけで、その後数時間、加齢臭の発生を防ぐことも可能だそうですよ。

ミョウバンを活用する

これも良いですね。ミョウバンは、①殺菌作用 ②収れん作用(汗をかきにくくする) ③消臭作用 という素敵な効能の持っています。しかも、薬局で100円くらいで手に入ってとてもお手頃。

このミョウバンを、1.5lのペットボトルに50g程度入れて水をうめ、ミョウバン水溶液を作ります、これを気になるところにスプレーしたり、ガーゼにつけて拭いたりするだけ。とても簡単です。安価で効果は抜群。オススメです。あ、ミョウバンアレルギーがある方はやっちゃダメですよw

加齢臭対策グッズを使う

生活習慣を変えるのが難しかったり、なかなか職場にタオルが持ち込めなかったり、様々な事情があって万全の対策ができない方。また、対策してみたけれどイマイチ結果が出ないという方。市販の加齢臭対策グッズを試してみるのはどうでしょう?

体を洗うボディーソープや石鹸、デオドラントグッズなど、便利なものがたくさん出ています。

まとめ

いかがだったでしょうか?商品を紹介してはいますが、そもそもはまず生活習慣、体を清潔に、といった順に試してみることをオススメします。特に朝のシャワーはイイです。僕も子供のころから体臭が強い体質だったので、人様にご迷惑をおかけしないよう、朝は必ずシャワーを浴びるようにしています。かなり改善されていますよ。これだけでも。

臭いというのはなかなか人からは指摘されないので、身近な人から指摘があった=周りの人も気になっていたという可能性があります。ぜひ、「臭い」と言われたら、腹をたてずに対策を考えてみてください。

あ、でも病的に自分の臭いを気にする必要はないですよ。だれでも臭いはあるんですから。それでふつう。臭いがして当たり前。あくまでも過剰な臭いがエチケット違反だということで。

ほなの。

スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

みんなからの評判・口コミ