よく読まれている記事

小暑(しょうしょ)【二十四節気:七十二候解説】

スポンサーリンク

 このページでは「二十四節気(にじゅうしせっき)」の「小暑(しょうしょ)」を説明しています。また「七十二候(しちじゅうにこう)」の「温風至(あつかぜいたる)」、「蓮始開(はすはじめてひらく)」、「鷹乃学習(たかすなわちがくしゅうす)」についても解説します。

二十四節気:小暑とは

 二十四節気のひとつである「小暑」は毎年7月7日頃からの15日間のことを指します。意味合いとしては、本格的な夏が訪れる少し手前ということに由来しています。小暑の次は大暑ですから、暦の上では夏本番という頃になります。名前の由来は、もっとも暑い大暑の手前の時期だから小暑となったとされています。

 現代においても梅雨が明け始める頃でもあり、実際に夏らしくなる頃なので小暑は暦のうえでも、現代でも爽やかな夏を感じさせる頃になります。また、小暑を迎えた頃から「暑中見舞い」を出すのが一般的です。暑中見舞いのタイミングは小暑から大暑または立秋くらいを目処にお世話になった人や友人に宛てて物品や手紙を送ることです。

 暑中見舞いは小暑から立秋までに出すこと。(毎年7月7日頃から8月7日頃まで)

 残暑見舞いは立秋を過ぎてから出すもの。(毎年8月7日頃から8月31日頃まで)

という最低限のルールがあります。また、年賀状とは異なり喪中に関係なく送ることが可能です。昨今では消えつつある文化ですが、むかしの人は農業の疲れや暑さを気にかけて相手を思いやっていたという大切な文化です。

七十二候:温風至(あつかぜいたる)とは

 「温風至」とは7月7日頃からの約5日間のことを指します。意味合いとしては、少しばかり暑い風が吹き始める頃とされています。また、その風は南風で熱気を含んだ風とされています。この頃は現代では「七夕」の行事が広く浸透しています。暦も現代も夏を感じる季節です。

七十二候:蓮始開(はすはじめてひらく)とは

 「蓮始開」とは7月12日頃からの約5日間のことを指します。意味合いとしては、読んで字のごとく蓮の花が咲き始める頃に由来しています。むかしから蓮の花は日本人が信仰している仏教の世界にも縁があったことから七十二候のひとつになったとも言われています。また、神社や仏閣の池には蓮の花がいけてあることが多かったことから馴染み深くなったともされています。

七十二候:鷹乃学習(たかすなわちがくしゅうす)とは

 「鷹乃学習」とは7月17日頃からの約5日間のことを指します。意味合いとしては、鷹の子ども達が飛ぶことを練習し始める頃とされています。鷹のヒナはだいたい5月から6月にかけてふ化し、この頃から飛び始めます。むかしの人は健気に飛ぶことを練習している鷹のヒナを見て七十二候に取り入れたともされています。また、鷹は鳥のなかでも強く、威厳もあったことから尊敬の念も含められているとも言われています。

まとめ

 さて、二十四節気の小暑を解説しました。それぞれ七十二候も「温風至(あつかぜいたる)」、「蓮始開(はすはじめてひらく)」、「鷹乃学習(たかすなわちがくしゅうす)」はいずれも本格的な夏の到来を知らせる節気ですね。

この記事を書いた人

Nobu
面白い記事をどんどん更新します。お楽しみに!

スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

みんなからの評判・口コミ