よく読まれている記事

マジで!?黄砂でアレルギー!!症状と対策

スポンサーリンク

ニュースでよく聞く「黄砂」。実際に私たちの生活にも影響を及ぼしていますよね。洗濯物や自動車など、花粉と同様に外にさらしているものにとってはまさに外敵。黒い車に乗る私にとっては、黄砂と花粉は洗車というひと仕事が増える死活問題。最近は様々な有害大気汚染が国内外を問わず、問題になっていますが、今日は黄砂についてどのようなものなのか、また、アレルギー症状は出るのかなど、影響について調べてみたいと思います。

黄砂って何?有害物質の有無についても

 言葉だけで想像すると、まさに黄色い砂。その黄砂とは一体どのようなもので、度行ったメカニズムで我が日本まで到達するのでしょうか。

黄砂は中国大陸内陸部・タクラマカン砂漠やゴビ砂漠、黄土大陸などの乾燥・半乾燥地帯で風によって巻き上げられた土壌や、鉱物粒子が偏西風に乗って日本まで飛来すると言われているようです。巻き上げられる高さは数千メートルにも達するとのこと。

その飛来したものが大気中に浮遊したり、降下したものが黄砂と言われるものなのです。この黄砂粒子には、造岩鉱物や粘土鉱物が多く含まれていて、その粒子を調べると土壌から発生しない硫酸イオンやアンモニウムイオンも検出されたとのことで、黄砂の飛来途中において、大気汚染物質を取り込んでいる可能性も考えられています。

ただの砂のはずが、大気汚染物質を巻き込んで我々が吸う空気に入り込んでくるとは、、、恐ろしい話ですよね。

黄砂にアレルギーはあるのか

 春先にピークを迎えるといわれる黄砂の被害。実際にアレルギー症状として、人体にも影響を及ぼしているようです。症状は他のアレルギー疾患と同様に、目のかゆみや結膜炎、くしゃみや鼻炎、ぜんそくなど、様々な症状が起こるとされています。また、黄砂に混ざるカビやダニ、ホコリなどが原因でアレルギーを引き起こすこともあるようです。

実はこのブログを書きながら、数か月ほど目がかゆかった私、まさかこれは黄砂の仕業か?とふと思った次第。ずっと花粉の仕業かと思っていましたが、もしやするとこれは黄砂の影響かもと、一度眼科で診てもらおうかと、ちょっと気になりました。

どうやら、花粉などに比べても粒子が細かいようですから、体内に入りやすく、アレルギーを引き起こしやすいとも言われています。目のかゆさや、風邪でないのにくしゃみが出たら、ちょっと注意が必要です。

黄砂から身を守る方法・薬について

 アレルギーをも引き起こす黄砂。やはり自分の身は自分で守るしかありません。黄砂自体は自然現象ですから、防衛策は基本的には花粉症と同様と考えられています。ただし、花粉よりも粒子が細かいですから、通常の花粉予防のマスクではなく、PM2.5対応の目の細かいマスクが有効だと言われています。そして、やはり洗濯物を外に干さない、出来るだけ窓を開けないなどの対策が必要ですね。

 そして薬ですが、黄砂アレルギーの薬というものはありませんから、その症状にあわせた対症療法となるようです。また、予防薬もありません。市販薬を使用する際も、その症状にあわせた薬を使うことになりますが、根本の原因をしっかりつかむことが必要だと思いますので、何らかの異常を感じたら、病院へ行くこと、医師の処方で薬をもらうことが、一番安全なのではないでしょうか。

 そんなことを言いながら、少し暑くなってきたので窓を開けたら、目がかゆくなってきました。さぁ花粉か、はたまたこれが黄砂の影響か。私も眼科にかかろうか考えています。

皆さんも健康が一番ですから、出来る防衛はしっかりいていきましょう!

この記事を書いた人

ウメコ
 神奈川県の西部に住むアラサー男子です。
都心から約1時間という観光地の側面も持った、気候も非常に温暖な場所に住み、働いています。
趣味はゴルフや何も決めずに、ぶらぶらと街歩き。そこで出会ったものや、人を大切に生きていきたいと思っています。

スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

みんなからの評判・口コミ