よく読まれている記事

ブルーライトとは?人体にどんな影響があるの?対策は?

スポンサーリンク

 近年よく耳にする「ブルーライト」という言葉、意外と我々の身近なところに存在していることをご存知でしたか。特に最近ではパソコンやスマートフォンなどのLEDディスプレイなどがよく知られているところだと思います。パソコンやスマートフォンは現代人にとって切っても切り離せない物ですから、これを機会にブルーライトについて色々勉強してみましょう!

ブルーライトの概要

 ブルーライトとは人の目で見ることができる光(可視光線)のなかで最も強いエネルギーを持っている青い光のことです。本来は青色光(あおいろこう)と呼びますが、近年では眼鏡メーカーが中心に広く普及させる目的でブルーライトと呼ぶようになりました。ブルーライトは自然界にも存在しており、青空にも蛍光灯にも含まれているくらいごくごく普通の光です。

人体への影響

 ブルーライトが有害か無害かは一概に断定できません。パソコンやスマートフォンを使い続けると目の疲労や網膜がダメージを受けると言われていますが、ブルーライトそもののが悪いのではなく、長時間使用し続けざるを得ないこと自体が人体へのストレスになっているだけと考える人もいます。

また、ブルーライトが有害と仮定すると青空を眺めることやオフィスや学校の蛍光灯の下で過ごすことも有害となります。ブルーライトは近年に限らずこれまでにも自然界に存在していた光なので過剰に反応する必要はありません。

ブルーライトを防ぐには:生活習慣

 あまり過敏に気にする必要はありませんが、ブルーライトは生活習慣である程度避けることが可能です。簡単なところでは、LEDディスプレイに関連するものへの接触時間を減らすことや、長時間屋外で過ごさないことです。ただし、ブルーライトを避けることがストレスになっては意味がありませんから、パソコンやスマートフォンの使用や外出はほどほどにすることが一番です。

 ブルーライトを防ぐには:対策グッズ

 近年、パソコンやスマートフォンなどのLEDディスプレイから発せられるブルーライトが人体に悪影響があるとされて、ブルーライトを遮断する眼鏡などの製品が流通しています。これらは網膜に伝わるブルーライトを軽減させる効果もあることから対策グッズとして一般的です。

また、ディスプレイに貼るスクリーンシートもあります。無料で出来る対策として「ディスプレイの輝度を下げる」ことも効果的です。

まとめ

 ブルーライトは屋外にも屋内にも存在しているごく一般的な光です。過剰に反応すると生活そのものがストレスになってしまうため適度に対策をしましょう。まずは、パソコンとスマートフォンの使用時間を減らし、ディスプレイの輝度を下げることがおすすめです。

この記事を書いた人

Nobu
面白い記事をどんどん更新します。お楽しみに!

スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

みんなからの評判・口コミ