よく読まれている記事

サマンサ田端にみる、商標登録の攻防

スポンサーリンク

 最近いろいろとよく耳にする商標登録について具体例を紹介しながら勉強してみましょう。日頃意識することなく購入している物は商標登録によって守られているものばかりです。

商標登録とは何か

 商標登録とは簡単に言うと「その製品を作った人または会社を表す標識」のことです。標識は文字、図、記号などで表すことができます。その標識を用いて商品を販売することが出来るため消費者は「あ!この製品はXX社の商品だ」と認識し購買につながるため、製品を販売する人や会社にとってはブランドを示すとても大切な権利です。

パロディや模倣品に対してメーカーは苦々しく思っている

 商標登録に関連する問題はいまに始まったことではなくむかしから存在していました。様々な業界で高級ブランドメーカーと似た名称やデザインの商品を作り、市場で認識されているブランド力に便乗し「パロディ」として売上を獲得することはよくあることでした。

ほとんどのケースで本来のメーカーのブランドを毀損するようなことがまかり通っているためメーカーはあまりいい気持ちではありません。メーカーにとっては大切な商品やブランド力が損なわれることは死活問題になるため裁判になるケースが多いのも実情です。

フランクミューラーとフランク三浦の実例

 ここ最近ニュースでも頻繁に取り上げられたスイスの超高級腕時計メーカー「フランクミューラー」と大阪のオリジナル時計メーカーディンクス社のブランド「フランク三浦」が商標登録をめぐって裁判になったことはご存知の人も多いことと思います。

 結論を言うと訴えたフランクミューラーの敗訴となりました。フランクミューラーはフランク三浦が腕時計を販売することで自社のブランド毀損や売上への影響を懸念しましたが、知的財産高等裁判所はフランクミューラーとフランク三浦には価格やブランドイメージで比較しても混同するほどの影響はないとしました。

サマンサタバサが「サマンサ田端」を商標登録した

 フランクミューラーに続き、サマンサタバサも同様のことが発生しました。東京都北区の伊藤製作所が名称が極めて似ている「サマンサ田端」のブランドを展開しました。

これを受け、株式会社サマンサタバサジャパンリミテッドは「サマンサタバタ」を自社で商標登録しました。この背景にはサマンサタバサのブランドイメージ保護や、今後伊藤製作所がパロディ製品としてサマンサ田端を販売し続けられないようにしておきたいことがあります。

 株式会社サマンサタバサジャパンリミテッドが「サマンサタバタ」を商標登録したことで伊藤製作所が展開する「サマンサ田端」は商標権の侵害を理由に「サマンサ田端」の製品を販売できなくなる可能性があります。(株式会社サマンサタバサジャパンリミテッドが権利を行使した場合)

最後に

 最後に筆者の仮説ではありますが、伊藤製作所が「サマンサ田端」を商標登録申請したら受理されていた可能性はあったと思います。理由として明らかなブランドイメージの相違、価格帯の相違があります。極めて個人的な見解になりますが、伊藤製作所はサマンサタバサのブランドイメージを傷つけるためにやっているわけではないので「良し」としてもいいと思いますがみなさんはいかがでしょうか。

この記事を書いた人

Nobu
面白い記事をどんどん更新します。お楽しみに!

スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

みんなからの評判・口コミ