よく読まれている記事

諭旨解雇と懲戒解雇の違いは?履歴書に書かないといけないのか?

スポンサーリンク

昨今、テレビやインターネットなどのメディアで目にすることが多い諭旨解雇懲戒解雇の違いを説明できるだろうか。ここでは諭旨解雇と懲戒解雇を出来るだけ専門用語を使わず解説していきたい。この記事を読む人の多くは社会人であると思う。社会人として他人にも説明できる程度に諭旨解雇と懲戒解雇の違いを深めてもらえれば幸いだ。

 恐らく多くの人は諭旨解雇や懲戒解雇は「なんとなく罰せられて、クビになっちゃったんだろうな」程度の解釈だと思う。あまり詳しく説明できなくて当然だ。なぜなら、諭旨解雇と懲戒解雇はほとんどの人にとって無縁だからである。

しかし、あなた自身が関係がなくても、人を雇用する立場になった場合や同僚の過去に諭旨解雇や懲戒解雇の経歴があった場合は他人事ではなくなる。できることなら無縁でありたい「諭旨解雇」と「懲戒解雇」の違いと影響をわかりやすく掘り下げてみよう。

諭旨解雇と懲戒解雇の違い

まずは「諭旨解雇」の大枠の意味だ。
 諭旨解雇とは、会社に所属する人が重大な違反を犯した際に、会社が「あなたから辞表をだしなさい」と諭し、その結果、会社を辞めることだ。
 簡単に言うと「悪いことをしたけど自分から辞めた」ことになる。つまり、クビになったわけではないということだ。ここが後々の人生で大きな意味を持つことにある。

 そして「懲戒解雇」の大枠の意味だ。
 懲戒解雇とは、会社に所属する人間が重大な違反を犯した際に、会社から「あなたを解雇します」と通達され、辞めさされることだ。
 簡単に言うと「悪いことをしたから辞めさされた」となる。つまりこれは大変なことであり、その後の人生でその人に対する社会の目も厳しいものになる。

退職金も、諭旨解雇の場合は支給され、懲戒解雇の場合は支給されないことが一般的だ。

 ちなみに諭旨解雇や懲戒解雇になるような悪いことはさまざまだが、多額の横領、勤務中の飲酒運転での死亡事故、最近では顧客情報を盗み出すことなどがそれに該当することもある。しかし、ケースごとに変わるので一概に示すことはできない。

履歴書への賞罰ありなしの記載について

 諭旨解雇も懲戒解雇もただごとではないとわかったところで、どのような影響があるかを見ていきたい。もっとも身近に影響があるのは転職活動や住宅ローンなどの個人の過去を証明する際のものへの影響だ。履歴書が一番わかりやすいだろう。

 縁起でもない話だが、もしあなたが諭旨解雇や懲戒解雇の過去があったとする。会社をクビになったわけだから転職しなければいけない。その際に履歴書が必要になる。その履歴書には書くべきだろうか。書かないとどうなるか見てみよう。

 結論「一身上の都合で退職」でいい。

法律上も嘘をついているわけではない。ただし、隠したい過去はなぜかバレるのが人生の常だ。だから、面接ですべて正直に話すことを強くすすめる。もしあなたが採用する側なら「一身上の都合で退職」の内容をしっかり本人から説明を受けることを忘れずに。諭旨解雇や懲戒解雇の過去があっても虚偽の申告や虚偽の説明をすると法律に反することになる。人を騙すことになるからだ。隠すことや嘘は絶対にやめよう。

ここまで諭旨解雇と懲戒解雇の違いや履歴書への記入について書いてきた。ついでに「免職と解雇の違い」をおさえておこう。

免職と解雇の違い

「免職」は公務員をクビにすることだ。
「解雇」は一般企業に勤める人をクビにすることだ。

簡単に言うとどちらも辞めさされることであり、違いは公務員か一般企業かの違いだ。意外と知らなかった人も多いのではないだろうか。

———-

 さて、あまり聞こえがいい言葉ではない諭旨解雇と懲戒解雇だが知っておいて損はないものではないだろうか。社会人として生きていく上で人間関係や他人の過去は付いてまわるものだ。最低限の違いとその影響を知っておく機会になれば幸いだ。

この記事を書いた人

Nobu
面白い記事をどんどん更新します。お楽しみに!

スポンサーリンク

コメント01377 PV

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

みんなからの評判・口コミ