よく読まれている記事

七夕の由来をわかりやすく子どもに説明しよう!

スポンサーリンク

 7月と言えば七夕の季節です。子ども達は短冊に願い事を書いたり、大人たちはロマンチックな夜を過ごしたり夏の始まりをつげる大切な行事です。ところで、七夕の由来を子どもたちに説明できますか?七夕と言えば「おりひめとひこぼし」や「短冊」、「仙台の七夕祭り」とかが思い浮かびますが、今日はできるだけ簡単に七夕を紹介します。子どもにも分かりやすく伝えられる内容です。

七夕の由来

 現在の七夕の由来は「中国の星座の神話」と「日本の古来の行事」が混ざっています。このふたつの由来をおさえれば七夕を説明できます。そして、そこには深い教訓も隠れています。

 昔の中国ではたくさんの星座に何かしらの意味があると信じられていました。例えば、牡羊座は空を飛べる金色のツノを持った羊として考えられ、星座表ではまるで空を駆けているかのように描かれています。魚座は怪物から逃げるために魚に化けて逃げている姿を書いたものとも言われています。ただし、星座の神話は世界中でたくさんあるためどれが正解というわけではありません。

 この星座になにかしらの意味を持たせたことがきっかけとなり、一年に一度だけ旧暦の7月7日におりひめと考えられている琴座と、ひこぼしと考えられている鷲座が雲状の光の帯(これが天の川)を挟んだ状態で並ぶため、まるで恋人が向かい合っているようだということが七夕のはじまりと言われています。

一方で日本では短冊に願いごとを書く風習がありますが、それは日本独自の七夕の由来に起因しています。むかしの日本では秋の豊作を願い乙女が神様へのお供え物として着物を織りました。乙女は心を込めて「棚機」という道具を使って着物を織りました。この道具の名前が「たなばた」ということから現在の七夕になったとも言われています。また、織った着物を神様へお供えする日が7月7日だったことからも現在の七夕の所以になっています。ですから、近年の七夕は中国と日本の言い伝えが融合したものとして定着しています。

七夕の季節は星座入門の良い機会

ちょうど七夕の季節に「夏の第三角(なつのだいさんかく)」と呼ばれる3つの星座が並ぶタイミングがあります。東の空に琴座、鷲座、白鳥座が並びます。これらの星はとても明るく見えやすく見つけやすいのが特徴です。また、七夕の代表的な星座のため親しまれています。子ども達に星座を説明するときにとてもいい機会となるため、星座の入門編としても人気があります。

七夕に隠れた教訓

七夕には教訓があるとも言われています。おりひめとひこぼしはもともとよく働く人でしたが、お互いを好きになりすぎていつも喋ってばかりいました。それに怒った神様が天の川で二人を離ればなれにしました。それ以降はひどく落ち込んだ二人に7月7日だけは会うことを許したそうです。これには仕事をせずに遊んでいると好きな人に会えなくなることや真面目に働きさえすれば願いは叶うという教訓があるとされています。

まとめ

 七夕は中国の文化と日本の文化が混ざっていまの形になりました。いずれも子どもに伝えられるような簡単なことですが、奥が深い教訓が隠れているのがわかったでしょうか。人を想いしっかり働くことと神様に祈りを捧げることの大切さです。子どもたちが大きくなったときにこの教訓がわかってくれるといいですね。

この記事を書いた人

Nobu
面白い記事をどんどん更新します。お楽しみに!

スポンサーリンク

コメント0275 PV

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

みんなからの評判・口コミ