よく読まれている記事

芒種(ぼうしゅ)【二十四節気:七十二候解説】

スポンサーリンク

 このページでは「二十四節気(にじゅうしせっき)」の「芒種(ぼうしゅ)」を説明しています。また「七十二候(しちじゅうにこう)」の「螳螂生(かまきりしょうず)」、「腐草為蛍(かれたるくさほたるとなる)」、「梅子黄(うめのみきなり)」についても解説します。

二十四節気:芒種とは

 二十四節気のひとつである「芒種」は毎年6月6日頃からの15日間のことを指します。意味合いとしては、稲や麦などの穀物の種をまき始める頃とされています。また、名前の由来は、稲や麦の殻にある繊毛(これを芒と言います)、それらの種がまかれることから「芒種」とされています。

 芒は「ぼう」と読むほかに「のぎ」と読むこともあります。さらにむかしには「のげ」と読まれていました。現代ではわかりやすく読むことを目的とし「ぼうしゅ」となりました。

 稲や麦の栽培を家業としていた人たちは芒種の頃を多忙になる時期として過ごしていました。現代ではあまり馴染みがない芒種ですが、むかしの農家の人たちにとって芒種はとても大切な時期を示したものでした。ただし、現代の農業はむかしと違いおおよそ1ヶ月ほど早く田植えをしているため、芒種の意味通りに過ごしているのは稀になりました。農耕民族である日本において芒種は始まりを示す大切な二十四節気のひとつです。

七十二候:螳螂生(かまきりしょうず)とは

「螳螂生」とは6月6日頃からの約5日間のことを指します。意味合いとしては、いたるところでカマキリの子どもが生まれる頃だったことに由来します。また、冬が厳しい地域ではカマキリの卵の位置でその年の積雪を予想できると言われています。卵の位置が地表から高ければ積雪が多い、反対に低ければ積雪は少ないとされていました。むかしの人は馴染みがあるカマキリや蝶などの昆虫を基準にして季節の移り変わりや、天候を予想していました。特にカマキリは七十二候に用いられるほどに生活にとけ込んでいた昆虫です。

七十二候:腐草為蛍(かれたるくさほたるとなる)とは

 「腐草為蛍」とは6月11日頃からの約5日間のことを指します。意味合いとしては、田畑の枯れた草の下から蛍がでてくる頃とされていたことに由来します。場所によっては枯れた草に雨が降り水が貯まります。蛍は水が豊富な場所に生息することから、枯れた草の下の水場から蛍がでてくるといういわれになりました。また、蛍がでてくるということは水が綺麗な場所であることを証明できるともされていました。むかしの人が枯れた草の下から蛍のような綺麗な昆虫がでてきたことを喜び、七十二候のひとつにしたとも考えられています。

七十二候:梅子黄(うめのみきなり)とは

 「梅子黄」とは6月16日頃からの約5日間のことを指します。意味合いとしては、梅の実が熟す頃に由来します。むかしは梅の木はお花見で楽しむものでした。また、梅の実は梅干しとしても重宝されたことから、むかしは梅の実が熟す頃を心待ちにしている人も多かったそうです。さらに当時は衛生状態がよくなく梅干しを防腐剤代わりに使用していました。この生活の知恵はいまでも続いています。むかしの人の心と体の健康に深い関係がある梅は七十二候のひとつになっています。

まとめ

 さて、二十四節気の芒種はいかがでしたか。それぞれ七十二候も「螳螂生(かまきりしょうず)」、「腐草為蛍(かれたるくさほたるとなる)」、「梅子黄(うめのみきなり)」はむかしの人と深くつながりがあるものに由来していますね。

この記事を書いた人

Nobu
面白い記事をどんどん更新します。お楽しみに!

スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

みんなからの評判・口コミ