よく読まれている記事

夏至(げし)【二十四節気:七十二候解説】

スポンサーリンク

 このページでは「二十四節気(にじゅうしせっき)」の「夏至(げし)」を説明しています。また「七十二候(しちじゅうにこう)」の「乃東枯(なつかれくさかるる)」、「菖蒲華(あやめはなさく)」、「半夏生(はんげしょうず)」についても解説します。

二十四節気:夏至とは

 二十四節気のひとつである「夏至」は毎年6月21日頃からの15日間のことを指します。意味合いとしては、昼間の時間がもっとも長く、夜の時間がもっとも短い夏の中間です。厳密に言うと、太陽が夏至点という太陽の赤緯がもっとも大きくなる点を通過する時のことを指しますが、一般的には小暑までの間をまとめて夏至と呼ぶようになりました。名前の由来は、むかしは6月頃が本格的な夏とされていたため、この頃に夏に至るということから「夏至」と言われるようになりました。

 現在では夏至の季節はほとんどの地域で梅雨の季節となっています。この頃は一年の中でもっとも昼間の時間が長いものの、雨の日が多いため実感をする機会は少ないのが実情です。

 日本では夏至や冬至など季節の変わり目にその土地ごとに伝統的に食べる料理やお祭りなどがあるものですが、夏至には全国共通で行われる伝統的な行事があまりありません。一方で冬至にはゆず湯が定着しています。このことは夏は食材が痛みやすく、地域によって暑さもバラバラなことから冬至と比べて全国的な統一がしにくい背景があるとされています。また、夏至の頃は農作物を育てることに大変だったことから時間的な余裕がないこともひとつの要因になっています。

七十二候:乃東枯(なつかれくさかるる)とは

 「乃東枯」とは6月21日頃からの約5日間のことを指します。意味合いとしては、夏の枯れ草が枯れ始める頃ということに由来します。この夏の枯れ草は紫色のウツボグサというシソ科の花のことを指します。冬に芽を出し、初夏に最盛期を迎え夏至の頃には枯れ始めて見えたことから七十二候のひとつになったとされています。

七十二候:菖蒲華(あやめはなさく)とは

 「菖蒲華」とは6月27日頃からの約5日間のことを指します。意味合いとしては、むかしの農民たちはあやめの花の開花状況を見て雨の様子を伺っていたことに由来します。農民にとって雨は農作物の命になるため雨を心待ちにしていたそうです。そして、あやめの花を眺めつつ雨が降るのを待っていたそうです。このあやめの花は漢字では「菖蒲」と書きますが「あやめ」とも読むし「しょうぶ」とも読みます。七十二候では「あやめ」と読まれています。ひとつの理由にあやめは山や野原に咲くことが多く、暦は農民の目線で作られたことが背景にあるとされています。

七十二候:半夏生(はんげしょうず)とは

 「半夏生」とは7月2日頃からの約5日間のことを指します。意味合いとしては、梅雨の終わり頃すなわち夏も終わりに近いことをしめすことに由来しています。また、ハンゲショウという花の葉っぱの色が緑から白色に変わる頃に由来しているとも言われています。また、むかしの農民たちは半夏生で畑仕事を終えることをひとつの目安にしていました。それが終わると少しばかりの休暇を楽しんだとされています。これが現代の夏休みに通じるとされています。

まとめ

 さて、二十四節気の夏至を解説しました。それぞれ七十二候も「乃東枯(なつかれくさかるる)」、「菖蒲華(あやめはなさく)」、「半夏生(はんげしょうず)」は農民達の知恵や工夫、仕事の流れを的確に示していますね。

この記事を書いた人

Nobu
面白い記事をどんどん更新します。お楽しみに!

スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

みんなからの評判・口コミ