よく読まれている記事

お盆玉って何?相場はいくらくらい?いつからある風習なの?

スポンサーリンク

もらってうれしいお小遣い。子どもの頃は皆さんそうでしたよね。大人になった今、逆にお小遣いをあげる側になると、その有難さが身にしみますよね。ホントに…。
私たちの住む日本には様々な風習がありますが、このお小遣いにまつわる風習も多々あり、誰もが一番に思い浮かべるのは、お正月のお年玉になるのでしょうか。

そして最近は「お盆玉」なる風習があると聞き、気になっていたら、お年玉を入れる袋同様、お盆玉専用袋があるのだとか。今日はその「お盆玉」について、書いてみようと思います。

そもそもお盆玉ってなんだ?

 お盆玉と聞いて一番初めに何を想像したでしょうか?恥ずかしながら私は、お年玉のようなお小遣いのイメージではなく、ガラスか何かで作られた工芸品か?と思った次第(笑)

よくよく調べると、お盆休みの時期にお孫さんや親戚の子どもたちにあげるお小遣い、いわゆる夏のお年玉なんだとか。ただこのお盆玉、まだ全国的な風習ではなく、特定の地域に根付いたものであり、徐々に広がりを見せてるようです。私の住む神奈川や関東圏では、あまりというより、聞いたことがない風習です。

お盆玉の始まりや歴史を調べてみた

 風習には始まりがあり、だんだんと今の時代に合わせて変わっていくことが多いですよね。特にこのお盆玉は、馴染みのない風習だけにすごくその起源はなんだろうと、興味がわいてきました。

 お盆玉の始まりは江戸時代まで、さかのぼるようです。その時代、お盆は「藪入り」という商家に奉公をする人たちにとって特別な日であり、実家へ帰省しお盆の行事をするためお休みをもらうことが許されたのだそう。
その際に、親元へと帰る奉公人に、下駄や衣類をあげる風習があったとされ、このようなことがお盆玉の始まりだといわれているようです。

後にこの風習が徐々に変化していき、昭和の初期には子どもたちへお小遣いをあげるようになったというのです。時代の変化と共に、親元へ帰る人への餞別から、帰省をしてくる子どもたちへのお小遣いという意味合いになったのも、時代の変化なのでしょうね。

お盆の時期に仏壇に手を合わせてくれたお礼の意味合いもあるのだとか。

お盆玉っていくら渡すの?

 私も専ら最近はお年玉もあげる側になりました。子どもの年齢によっても、いくら包んだらいいのだろう?と、はじめは悩んだものです。夏のお小遣い、お盆玉にもいわゆる「相場」があるのか、気になるところですよね。

 発祥といわれる山形地方の相場は、お年玉と同じくらいか、少し少ないくらいが相場のようです。当然、お年玉同様にあげる相手の年齢によっても違うようですが、おおよそ相場はこのような感じだと思われます。

  • 小学生以下~小学生 1000円~2000円程度
  • 中学生 3000円程度
  • 高校生 5000円程度
  • 大学生 1万円程度

あくまで目安ですが、お年玉と同じくらいか少し少ないくらいでしょうか。
お年玉と同じであげる方も気持ちですから、必ずしも金額を気にすることもないのでしょうね。

もらって嬉しい子どもたち、出費も大変大人たち

 さて、私くらいの年齢になると、お年玉やお盆玉はもちろん、普段のお小遣いをもらうことも、まずありません。逆にあげる立場になりつつあり、もらう側だった頃のありがたみをものすごく感じます(笑)

 子どもの頃、もらったお小遣いで何を買おうかと考えを巡らせた頃を、この記事を書きながら懐かしく思い出しました。私がお小遣いをあげている子どもたちも、きっとそう思いを巡らせているんだなと思うと、なんだか微笑ましく思いますね。

 一方で大人たちの出費は大変(笑)まだお盆玉が定着していない私の地域でも、なんとお盆玉専用のポチ袋が売られているのだとか。きっと数年後には定着し、夏のボーナス後の出費が増えるのかなと思うと、ドキッとしますね。このお盆玉が定着するとき、その起源も歴史の勉強の一つとして、子どもたちに伝えていく責任が私達大人にはあるのかもしれません。

スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

みんなからの評判・口コミ